西巻デンタルオフィス五稜郭

menu

Access

〒040- 0003
北海道函館市松陰町8−25
MAP 電話する

メインテナンス・クリーニング

定期メインテナンスを始めましょう!

歯を失ってしまう時は、1本ずつ順番にダメになっていくと思っていませんか?歯がグラグラしてきた時には、見えないところ(歯を支える歯槽骨)では、すでに他の歯を支える骨も溶け始めているというような状態が多く、結果としてドミノ倒しのように次々と歯を失ってしまうのです。
実際、40代くらいまでは大きな差は出てきません。20代~40代くらいまでの間は『むし歯になっては歯医者さんに行き、悪い部分を削って詰めて、またむし歯になっては…』ということを繰り返します。そして、40代後半あたりからだんだんと異変が起き始めるのです。
厚生労働省によると、日本人の平均寿命は男性で約78歳、女性で約85歳です。そして日本人の大半が50歳前後からどんどん歯を失い始め、50歳を過ぎると歯を失うスピードは一気に加速していってしまいます。何十年も入れ歯などで暮らすことにならないために、日頃からしっかりとしたメインテナンスを行っていくことが大切になってきます。
また世界的に見ると、「予防」に対する意識、「定期メインテナンス」を受けているかどうかで、高齢になった時の残存歯数の違いが大きく出てきます。70歳のときの残存歯の数は、日本人の場合は10本程度となっています。それに対して欧米では、日本の倍である20本程度の歯が残っています。日本では「痛くなったら歯医者へ行く」というのが一般的です。それに対して欧米では「痛くならないように定期的に歯医者に通う」という考え方なのです。

先進国の70歳の残存歯数
各国の定期的に歯科検診・クリーニングを受けている人の割合

プロによる定期的な健診やクリーニング「PMTC」

PMTCとは、Professional Mechanical Tooth Cleaning(プロフェッショナル メカニカル トゥースクリーニング)の略です。専用の器具を用いて行うプロによる歯のクリーニングのことで、歯科医師や歯科衛生士といった「専門家による専門的な機械を使用した歯の徹底的なお掃除」です。
お口の中を自分の目で見ることはできませんよね。鏡を使っても見える部分はごくわずかです。また、どんなに毎日丁寧に磨いていても、磨き残しはどうしても出てしまうものです。歯と歯ぐきの隙間(歯周ポケット)などの歯ブラシが届かない部分、自分でわかりにくい部分だからこそ、第三者である専門家の目でチェックし、経過を見守ることが重要なのです。PMTCを受けることで、毎日のブラッシングで落としきれなかった汚れを完全に除去し、むし歯や歯周病を防ぎます。
PMTCでは、たばこのヤニやお茶、コーヒーなどのバイオフィルム(こびりついてしまった歯の汚れ)をやわらかいゴムのチップなどで剥がし取ります。自分では磨きにくいところや、歯磨きの癖であまり磨けていないところを中心に、クリーニングしていきます。ホワイトニングのように漂白するわけではありませんが、歯の表面を軽く研磨し、最後にフッ素を塗るのでむし歯になりにくく綺麗な状態を保つことができます。約4~6ヶ月に1回ほど、歯科医院で定期的な歯のクリーニングを受けることをおすすめします。

  • 歯と歯の間に溜まった、歯垢を除去します。

  • ブラシで歯の表面の着色などをクリーニングします。

  • ラバー素材のカップでバイオフィルムを除去し、表面を研磨します。

  • 歯や歯肉が健康になる! 歯の質が強化させるだけでなく、歯のつけ根にひそんでいる細菌が減り、歯肉がひきしまり、健康になります。
  • むし歯・歯周病を予防できる! むし歯や歯周病の菌の棲家になるプラークがなくなるので、むし歯などの病気になりにくくなります。
  • 歯が本来の白さになる! 表面についたタバコのヤニ、茶シブなどの汚れを除去することができ、歯本来の白さを取り戻すことができます。