西巻デンタルオフィス五稜郭

menu

Access

〒040-0003
北海道函館市松陰町8−25
MAP 電話する

インプラント治療について

インプラント治療について

インプラント治療とは、人工歯根部として人体との親和性に優れた金属(チタン)を、歯の抜けてしまった部分に埋め込んで、セラミックなどで作られた歯冠を取りつける治療法です。審美性に優れていて仕上がりが自然で、食べ物を噛んだ感触がしっかりと顎に伝わり、歯茎が痩せてしまう心配がありません。また、埋入に使用するチタンは、人体と結合しても金属アレルギー反応を起こさないので、安心して埋め込むことができます。さらにインプラントは、埋入後も定期的なメンテナンスを行えば、半永久的に使用できますので、「第二の永久歯」とも呼ばれています。

インプラントの構造

上部構造(人工の歯)
おもにセラミック素材のものを使用し、ほぼ自分の歯と同じぐらい自然に仕上げることができます。

アバットメント
インプラントと上部構造を接続するパーツになります。噛み合わせの状態によって、角度を微調整します。

インプラント(人工歯根)
顎の骨に直接埋め込みます。術後はインプラントと骨が強力に結合しますので、とれる心配はありません。

インプラント治療の術式

インプラントを顎の骨に埋め込む方法として、手術を1回で行う1回法と、2回に分けて行う2回法があります。アバットメント(被せ物とインプラントの接続部分)を1次手術で取り付けるものが1回法、2次手術で取り付けるものが2回法です。
1回法は顎の骨が硬くて量も十分ある方に向いている方法です。患者さんの希望と口腔内検査の結果を考慮し、医師が適した方法を判断します。なお手術は無痛麻酔で行うので、痛みはありません。

1回法

まず、歯肉を切開しドリルでインプラントを埋め入れるスペース(穴)を作り、インプラントを入れます。このときインプラントは、アバットメントと一体化したワンピースタイプのものを使用します。
アバットメントは、その一部を歯肉の上に露出させた状態にします。この状態で顎の骨とインプラントが結合する期間を経て、2回法と比べて早期に被せ物をアバットメントに装着します。

  • 埋込時に歯肉を貫通させて、少し頭を出しておきます

  • 歯肉が治ってから、上部構造を取付けて完了です

2回法

まず1次手術で、1回法と同じく歯肉を切開してインプラントを入れます。インプラントは骨の中に完全に埋め込み、その上に歯肉を被せて縫合します。そして、インプラントと骨がしっかりと結合するまで治癒期間として約3か月~6ヶ月待ちます。
インプラントが顎の骨と結合したら、被せ物をセットするための2次手術を行います。2次手術では再度歯肉を切開し、インプラント体にアバットメントを連結させます。その後、型を採って被せ物を作製し、アバットメントにセットします。

  • インプラント体を歯肉で完全に埋めます。

  • 骨に固定されたら、頭を出して仮の歯を取付けます。

  • 歯肉が治ったら、最終的な上部構造を取付けて完了です。

インプラント治療と他の治療の比較

むし歯や歯周病、外傷などで歯を失ってしまった場合、治療せずにそのままにしておくと将来的に次々に自分の歯を失っていく原因になります。それを防ぐための治療法は主に 「インプラント治療」 「義歯・入れ歯治療」 「ブリッジ治療」 の三種類です。

インプラント~平均寿命10年以上~

インプラントとは人工歯根のこと。「第二の永久歯」とも呼ばれています。歯と同時に失った噛む力を取り戻すためだけでなく、残った健康な歯を守っていくためにインプラント治療は有効な手段です。インプラントの構造は、アバットメント(支台部)とインプラント体(歯根部)の二つに分けられます。この上に上部構造補綴物(人工歯)を被せます。
インプラントは人体との親和性が高いチタンでつくられているので金属アレルギーの方も安心です。天然歯のような審美性と、これまでの入れ歯やブリッジでは難しかった自分の歯のように噛めるという機能性が回復します。自分の歯とほとんど変わらない見た目や噛み心地で、会話や食事を楽しむことができます。

メリット
・自分の歯と同じように、違和感なく噛める
・見た目が美しく天然歯とほとんど変わらない
・健康な歯を削る必要がない
・自分の歯を多く残せる
デメリット
・手術が必要
・保険適用外のため、治療費が高い
・比較的、治療期間が長い
・全身疾患の状態によっては行えない場合がある(重度の糖尿病など)

義歯・入れ歯~平均寿命4~5年以上~

義歯・入れ歯は失った歯の大切なかわりとなるものです。歯が1本もない人のための総義歯(フルデンチャー)と、部分的に歯がない人のための部分床義歯(バーチャルデンチャー)があります。
いずれも歯を抜いた部分の歯ぐきの粘膜で咬む力を支える構造になっています。このため、口の中の形態を正確に型取りすること、また粘膜の状態に合わせて義歯を微調整し、精密に適合させることが必要となります。また、歯を抜いたまま放置していると、残っている歯が徐々に移動し、かみ合わせが悪くなり、咀嚼力(食物を噛み砕く能力)が低下してしまいます。また、残っている歯への負担が大きくなり、歯周病などの病気の原因にもなってきます。これらを防ぐためにも、ご自身のお口にあった義歯・入れ歯が必要なのです。

メリット
・自費の材質によっては見た目がきれい
・比較的、治療が簡単で、治療期間が短い
・保険適用であれば比較的安価
デメリット
・硬いものが食べにくい
・留め金など見た目が良くない
・発音がうまくできない場合がある
・食べ物が入れ歯に挟まると、むし歯の危険性が高まる

ブリッジ~平均寿命7~8年以上~

歯を抜歯した後、抜歯した歯の前後の歯を削って橋のようにつなげる方法です。
抜歯をするとそこには歯の隙間ができます。そのままにすれば周りの歯が動いて噛み合わせが悪くなったり、咀嚼力(食物を噛み砕く能力)の低下、残った歯への負担が大きくなり歯周病などになりやすくなります。そこで残っている前後の歯を土台にして橋(ブリッジ)をかけるように、2本の歯で3本の歯を作ります。違和感も少なく自分の歯のように噛めるのが特徴です。ただし、前後の歯を削りブリッジの土台にするので、前後の歯が健康で丈夫であることが一番の条件になります。また、抜歯したのが奥歯だったりなど土台になる前後の歯がない場合も、ブリッジは使用できません。ブリッジが選択できない場合は、入れ歯かインプラント治療になります。
歯の位置にもよりますが、保険で治療できるのは連続で2本の欠損までになります。

メリット
・固定されるので、あまり違和感がない
・自費の材質によっては見た目がきれい
・治療期間が短い
・保険適用であれば比較的安価
デメリット
・支えになる前後の健康な歯を削る
・支えになる歯に大きな負担がかかる
・食べ物が歯肉とブリッジの間に挟まると、むし歯の危険性が高まる